リビエラ グランブルー[逗子]

逗子を散策していて立ち寄った逗子マリーナで、お茶ができる場所を探していて、リビエラ グランブルーというオーシャンビューが気持ち良さそうなお店にたどり着きました。リビエラ グランブルーは、コース料理が基本のイタリアンレストランでしたが、確認するとお茶だけの利用もオッケーとのこと。早速入店してみました。

ドルチェ

季節のゼリー(630円)

季節のゼリーは、柑橘類がたっぷりで、ふるふるのやわらかいゼリーでした。ゼリー系のスイーツが好きなので評価が甘くなるけど、これはなかなかの美味しさ。

高級果物店の直営フルーツパーラーのゼリーには負けるけど、なんてったって、ここリビエラ グランブルーはロケーションがいい。季節のゼリーの涼しげな見た目が、初夏のオーシャンビューにとても映えます。食事にはシチュエーションって大事ですから。

マチェドニア(630円)

マチェドニアは、いわゆるフルーツカクテルです。食後のデザートよりも前菜に合いそうな、さっぱり上品な味付けで、シロップの甘さはとても控えめでした。ティータイムのスイーツには物足りないかな。

自家製ジンジャーエール(630円)

生姜の辛味が苦手な私でも美味しく飲めたのが、この自家製ジンジャーエール。ハチミツの甘さと、レモンの酸味と、生姜の辛味がバランスよく三位一体になっていました。ちなみに、炭酸は弱めです。

ロケーション

リビエラ グランブルーの美点は、やっぱりそのロケーション。全席オーシャンビューで、海の向こうには江ノ島が見えます。曇りだった来店日でも景観の気持ちよさは十分でした。

リゾート施設を銘打っている逗子マリーナの看板に偽りなしのリゾート感が楽しめました。

落合シェフ

事前情報なしでたまたま立ち寄ったので、帰宅後に調べてみると、元々はグランブルー オチアイという店名だったようです。日本イタリア料理協会会長の落合務さんが監修していたとのこと。名前が変わった現在では、公式サイトに落合務さんの名前はないので、監修を降りたのでしょうか。

ちゃんと作れるイタリアン
ショップ:
楽天ブックス
著作者:
落合務

イタリアンの有名シェフ落合務がベーシックなイタリアンのレシピを解説。プロの料理人もテキストにしたという伝説の1冊が撮り下ろしを含め復活しました。

アクセス

情報更新2013年9月
店名リビエラ グランブルー
サイトhttp://www.riviera-g.jp/
住所神奈川県逗子市小坪5-23-16
電話番号0467-25-0480
アクセス京浜急行バス 小坪経由逗子駅ゆき 小坪バス停から徒歩7分
営業時間11:30~15:30(ランチ)
17:00~21:30(ディナー)
定休日年中無休
駐車場あり

リビエラ グランブルーは、逗子マリーナの中にあります。土日祝なら、JR鎌倉駅の東口から逗子マリーナまで無料の直通シャトルバスが運行しています。

後記

ドルチェとドリンクだけなら1人1,000円から1,500円くらい。席代を考慮すればかなりリーズナブルです。湘南ドライブのティータイムに打ってつけかと。付き合い初めのデートにおすすめな感じです。

ただ、海辺というロケーションからして暖かい季節限定な気もします。また、オーシャンビューがより楽しめるのは、ディナーよりもランチのほうでしょう。

それと前述したように、コース料理が基本のイタリアンレストランなので、お茶だけの利用は事前に要確認です。

というわけで、事前情報ゼロで飛び込み入店したリビエラ グランブルーは、リゾート気分が味わえてリラックスできるレストランでした。

タイトル:
リビエラ グランブルー[逗子]
カテゴリ:
洋食
公開日:
2013年06月18日
更新日:
2014年04月15日

この記事をシェア

あわせて読みたい