iL CHIANTI CAFE[江の島]: テラス席から海を一望できるイタリアン

湘南海岸の江の島には、古くからあるアットホームな食事処が軒を連ねています。そういったお店で海鮮丼などの和食を食べるイメージが強い江の島にも、近年ぽつぽつと今風のカフェやレストランなどが出店してきました。

iL CHIANTI CAFE(イル・キャンティ・カフェ)もその一つ。テラス席からの眺望が気持ち良い、イタリアンカフェダイニングです。

テラス席

iL CHIANTI CAFEは、全席から海が一応見えるのですが、見晴らしを求めるならやはりテラス席でしょう。江の島の頂上付近に位置するお店だから、遠くまで海を見渡せてすがすがしかったです。

その分、海風が吹き抜けるので冷え性の人は注意。春の日差しが暖かい日だったにもかかわらず、海風は結構冷たかったです。ブランケットを貸し出してるから、早めに借りましょう。かなりしっかりしたブランケットで温まりました。

江の島の頂上へは、有料のエスカレーターの「江ノ島エスカー」を使うか、階段をかなり上らなくては行けません。そのため、表参道に比べて随分と人は減ります。それでも一二を争うロケーションのお店なので、食事時にもなるとテラスは満席でした。デートでテラス席を取りたい場合は、予約しておいたほうがスマートで確実かも。

さて、湘南エリアの屋外で食事するときに困るのが、トビ(トンビ)が襲ってくること。私も以前にパンを奪われたことがあります。iL CHIANTI CAFEのテラス席では、糸を張ってトビをよけていました。時折トビがすぐ近くまで飛んできてこちらの様子をうかがってきたけれど、内側に入ってくる気配はなかったので(多分)大丈夫です。

フード

「マルゲリータ(Mサイズ)」1,280円

「厚切りベーコンと長野県産パプリカのトマト煮グラタン(本日のグラタン)」1,300円

シーフードが苦手なので、江の島らしからぬ料理を注文しました。海を眺めながらこんな料理を食べていると、まるでリゾートホテルにいる気分。

どちらも美味しかったけど、とくに「厚切りベーコンと長野県産パプリカのトマト煮グラタン」にハマりました。食材の調和が取れていて、食べる手が止まりません。

ドリンク

「天然ブドウジュース(赤)」710円と「レッドアイ」(価格は失念)

ワイン押しのお店だけど、ビアカクテルが好きなのでレッドアイを注文。かなり美味しいトマトジュースを使っているようで、青臭さのない爽やかな飲み口のレッドアイでした。

お酒の飲めない同行者が頼んだ「天然ブドウジュース(赤)」は、これまた美味しかった!弱炭酸入りで口がすっきりします。

ドルチェ

「チェリーのクラフトタルト」(正式名称と価格は失念)

食後には「チェリーのクラフトタルト」を頂きました。料理、飲み物と美味しかったのだけど、これは今一つ。添えられていたジェラートはイケてたので、たまたま外れのドルチェを選んでしまったみたいです。

アクセス

情報更新2014年5月
店名iL CHIANTI CAFE(イル・キャンティ・カフェ)
サイトhttp://www.il-chianti-beache.com/cafe_index.html
住所神奈川県藤沢市江の島2-4-15
電話番号0466-86-7758
アクセス小田急江ノ島線・江ノ電・湘南モノレール
各「江ノ島」駅から徒歩25~35分
営業時間11:00~21:00(L.O. 20:00)
定休日無休
駐車場なし

後記

江の島に遊びに行くのが初めてなら、表参道辺りの食事処で生しらす関連の料理を食べるのが定番かつ無難かと思います。でも、デートでロケーションを優先するなら、敢えて定番を外してiL CHIANTI CAFEを選ぶのもありかな。

ただ、江の島は山みたいなものなので、頂上までは結構階段を上ります。江ノ島エスカーも上りのみ。帰りは階段を歩いて下りなければなりません。ハイヒールだと大変かも。その点注意が必要です。あとは確実にテラス席に座りたいなら要予約です。

というわけで個人的には満足度高しの星4つ。海鮮丼の気分でないなら、江の島デートにおすすめのiL CHIANTI CAFEでした。【投稿: マコネ

タイトル:
iL CHIANTI CAFE[江の島]: テラス席から海を一望できるイタリアン
カテゴリ:
カフェ
公開日:
2014年05月05日
更新日:
2017年10月18日

この記事をシェア

あわせて読みたい