アップル引越センターのラクニコスで引越してみた感想

ただでさえ引越しは面倒なのに、それに輪をかけるが引越し業者の見積もりです。ネットや電話で依頼しても、なんだかんだで訪問見積もりをすることになります。

訪問見積もりとなれば、時間の都合を合わせなきゃならないし、まだ荷造りしてない生活感だだ漏れの部屋を見ず知らずの人にあれこれ見られてしまいます。

ネットでなんでも済ませられるこのご時世に、訪問見積もりみたいな前時代的な慣例に付き合わされたくない!

そこで、スマホで見積もりを完結させられるサービスの「ラクニコス」を使ってみました。これはその体験記です。

ネットで見積もり完了

ラクニコスとは、アップル引越センターの単身者向けコースです。ネットだけで引越しの依頼が完結するから、楽に越せる→楽に越す→ラクニコスというわけです。

これが本当に拍子抜けするほど楽でした。スマホかパソコンで必要事項をポチポチ入力するだけ。「15分で依頼完了」というキャッチコピーどおりで、簡単すぎて逆に不安になったくらいです。

良心的な料金

ラクニコスは引越し依頼を確定する前に料金が提示されるから、条件に合わなければ、そのまま即やめられます。すごい親切。

提示料金はまずまずの安さでした。たぶん、複数の引越し業者に相見積もりを取って、うまく交渉すればもっと安く済ませられるでしょう。

でもその労力と差額を天秤に掛けると、お手軽なラクニコスのほうがよっぽど得に感じたので即決しました。

ちなみに料金は基本的には間取りで決まるようです。

正しい間取りを入力頂ければ、ダンボール数や細かい荷物(小家電や雑貨など)に差異があっても、料金変更なくお運びいたします。※ご予約いただいた時点での荷物を運ぶのが基本です

「引越し予約後のQ&A | アップル引越センター」より

実際、見積もり時点より荷物が少し増えてしまったのに、追加料金はかかりませんでした。まさしく明朗会計です。

もちろん荷物が一定以上増えると追加料金がかかります。

引越し当日までの流れ

引越し依頼が成立してからの流れは従来の手順と変わりません。まず箱詰め用のダンボールが届きます。このダンボールは標準サービスです。

アップル引越センターのイメージキャラクター「りんごり君」がプリントされているダンボールで割りとかわいい。

ダンボールとは別に、ハンガーボックスと布団袋が引越し当日に無料でレンタルできます。

当日に荷造りが終わっていないと、スタッフの待機時間が生じるため、追加料金がかかるそうなので注意。荷造り作業を引越しスタッフに任せる有料オプションもあります。

このかん、アップル引越センターからリマインダーとして定期的にメールが送られてきました。こういった案内は、携帯番号あてのショートメールで送られてくるという話だったのに、ラクニコスの登録に使ったEメール宛だったのがちょっと謎です。

PCで使っているメルアドで登録したから、これはちょっと不便でした。余計なメールはこなかったので、臆せずスマホのメルアドで登録するのが良いでしょう。

作業スタッフなど

ラクニコスによる引越しでは、開始時間を「朝開始便」と「午後フリー便」の2タイプから選びます。朝開始便だと2日前に詳細な開始時間が知らされるので予定が組みやすいです。

片や午後フリー便は作業スタッフが到着する1時間前まで開始時間がわかりません。その代わりに朝開始便よりも料金がかなり安くなります。

今回は午後フリー便を選んだけれど、何時に始まるのかわからない状態で当日を過ごすのはなかなかジリジリしました。待つのが好きじゃない人は、多少高くついても朝開始便をおすすめしますす。

さて、引越し業者の評判を分けるのは、やはり作業スタッフの質です。

口コミサイトを読めばわかるように、どの業者でも作業スタッフの質はピンキリです。こればかりはもう運に任せるしかありません。

うちにきた作業スタッフさんはというと、仕事をテキパキとこなし、身だしなみも応対もきちんとしていました。

アップル引越センターは依頼者に事後アンケートを積極的に募っています。これで作業スタッフの悪評が本社に伝わるため、大ハズレはないのかもしれません。

また、単身者引越しなのに、貸し切りトラックだったのも好印象です。

というわけで、引越しはサクッとつつがなく終わりました。

総括

どの引越し業者を選んでも、やることは基本一緒。大手を選んだからといって、必ずしも当たりの作業スタッフが来るとは限りません。

それならば少しでもこちらの負担が少ないほうがいいだろうと、依頼がネットで簡単に完結するラクニコスを選びました。結果は大満足。

訪問見積もりが嫌だという人は結構いるのでは? 対面でああだこうだと取引するのは結構なストレスです。そういう駆け引きを回避したいなら、ラクニコスがおすすめです。

しいて難点を挙げるなら、ダンボールの配布が30枚以上でないと、無料で回収してもらえないことでしょうか。まあ自分で資源ゴミに出せば済む話です。

個人的には、見積もりがネットで完結できるというこの一点だけで、次回の引越しもラクニコスで依頼したいです。

でも、次に引越すころには、他社もラクニコスに追随して、ネットだけで引越しを依頼できるのが当たり前になっているかもしれません。そう思えるくらい、ラクニコスは便利でした。

タイトル:
アップル引越センターのラクニコスで引越してみた感想
カテゴリ:
住まい
公開日:
2018年10月17日
更新日:
2018年10月17日

この記事をシェア

あわせて読みたい