マザーリーフ 相鉄ジョイナス店[横浜]

横浜の相鉄ジョイナスにいつのまにかオープンしていたマザーリーフは、紅茶とアメリカンワッフルがメインのお店。シアトル系コーヒーショップばかりの今、紅茶押しのカフェチェーンは貴重です。ということで、カフェごはんをしてみました。

焼トマトのドライカレー

挽肉タイプのドライカレーが好物なので、迷わず焼トマトのドライカレーを注文しました。後述するワッフルと紅茶がセットのランチメニューです。

ドライカレーの味は、まあまあ。コクが足りないけど、チェーン店だし、こんなものかな。かなり固めに炊かれているライスは好みが分かれそう。量は写真のとおり少なめで、ワッフルとトータルでちょうどいいくらいです。

ハーブチキンのサラダ

こちらは、ハーブチキンのサラダ。これが主菜のサラダランチです。このランチメニューは、セットのワッフルが食べ放題なので、主菜はサラダで十分かもしれません。

野菜がなかなか新鮮で美味しかったです。クルミの香ばしさが効いているドレッシングも気に入りました。

アメリカンワッフルと紅茶

ランチセットの、アメリカンワッフルと紅茶です。

ハーブチキンのサラダのセットワッフルは、おかわり自由!焼トマトのドライカレーでも、追加料金(150円くらいだったかな?)でおかわり自由になります。

ワッフルは軽ふわで、いくらでも食べられそう。シロップ(写真左下)は、甘みが強いのに香りがあまりしません。メープルシロップに見えるけど、色をつけたガムシロなのかな?

ところでアメリカンワッフルってベルギーワッフルとどう違うの?と気になったので調べてみました。ベーキングパウダーを使って膨らませる、ホットケーキ生地に近いのがアメリカンワッフル。発酵させて膨らませる、パン生地に近いのがベルギーワッフルなんだとか。

紅茶は、紅茶研究科の磯淵猛さんが輸入した手済みのリーフを使っているそうです。鮮やかな赤色で香りもよく、なかなか美味しい紅茶でした。カップが大きくて、量も結構あります。でも贅沢をいえば、ティーポットで出して欲しかったかな。

紅茶の教科書(改訂版)
著作者:
磯淵猛
出版社:
新星出版社

著者の磯淵猛は、1979年に紅茶専門店ディンブラを開業した紅茶の第一人者。教科書の名にふさわしい情報量で、これ1冊で紅茶通になれる。

その他の気になったこと

注文してから料理が来るまで、かなり時間がかかったのが気になりました。私たち以外のお客さんたちも、みんな待たされていたので、たまたまではないみたい。昼休みに使うには、時間的に厳しいですね。

客層は、ほぼすべて女性で、男性客はカップルの人だけでした。男性だけで入るのは勇気がいりそうです。

アクセス

情報更新2013年9月
店名マザーリーフ 相鉄ジョイナス店
サイトhttp://www.motherleaf.jp/
住所神奈川県横浜市西区南幸1-5-1 相鉄ジョイナスB1F
電話番号045-290-0380
営業時間10:00~21:00
定休日相鉄ジョイナスに準ずる

相鉄ジョイナスの地下1階、ザ・ダイヤモンド地下街よりにあります。

本稿は相鉄ジョイナス店の紹介ですが、マザーリーフはモス系列のチェーン店なので、お店は全国にあります。横浜は、スカイビルにも入っています。

後記

焼トマトのドライカレーを目当てに入店したものの、やっぱり売りであるアメリカンワッフルと紅茶を楽しむお店でした。次回はティータイムに行ってみよう。マザーリーフは、コーヒーよりも紅茶が好きな人におすすめのカフェでした。

タイトル:
マザーリーフ 相鉄ジョイナス店[横浜]
カテゴリ:
カフェ
公開日:
2013年03月18日
更新日:
2014年04月15日

この記事をシェア

あわせて読みたい