パンケーキは流行っているか?(人は自分の見たいものしか見ない)

ブックマークを共有して意見を交わす『はてなブックマーク』で、「パンケーキブームは終わった」という趣旨の記事と、それに対する反論記事がアクセスを集めていました。

パンケーキ好きの身としては、専門店・取扱店がどんどん増えていく様や、人気店の行列を日々まのあたりにしていて、ブームは継続中としか思えないのだけど……。

カエサル曰く

リンク先のコメントを読むと、パンケーキブームは継続中だという論調が大半を占めているものの、「ブームになってることを知らなかった」「パンケーキ屋とか一回も見た事無い」といった感想も少なからずあって驚きました。

テレビや雑誌でカフェやスイーツの特集を組めば、必ずと言っていいほどパンケーキは取り上げられるし、そのものずばりパンケーキ特集も珍しくありません。そもそもの『はてなブックマーク』でも、パンケーキ関連の記事は定期的に人気エントリーに入っています。

よもや知らなかったとは、にわかには信じられなかったけれど、「人は自分の見たいものしか見(え)ない」というカエサルの格言を思い出して腑に落ちました。興味のない物事が目に入らないのは、自分の身にも覚えがある心理です。

世界の多面性

片や見えているのに見ない、片や積極的に見ようとする。両者の齟齬は大きくなっていくばかりです。同じ世界に住んでいても、見ている世界が同じとは限りません。パンケーキがブームなのか否かは世界の見かた次第、といったところでしょうか。

何を見るかで世界のありようが変わることを念頭に置けば、意見の食い違いから生じた問題を無闇にこじらせなくて済むかもしれませんね。

タイトル:
パンケーキは流行っているか?(人は自分の見たいものしか見ない)
カテゴリ:
心理
公開日:
2014年02月14日
更新日:
2014年04月15日

この記事をシェア

あわせて読みたい