だし茶漬け えん ラゾーナ川崎プラザ店[川崎]

ラゾーナ川崎プラザの1階にあるだし茶漬け えんは、店名のとおり、出汁(だし)茶漬けの専門店です。前から気になりつつもスルーしていたこのお店に、ようやく入ってみました。

余談ですが、出汁をかけても「茶漬け」と呼ぶ日本語って不思議ですよね。

メニューや客席など

メニューはセットのみ。季節の小鉢が2品と漬物が付きます。今回は、タケノコと豆腐の小鉢料理でした。出汁は急須から自分の加減でかけられます。

ごはんの大盛りが無料。さらに出汁はおかわり自由です。これはうれしい。

客席はすべてカウンター席だから、一人でも入りやすそう。実際、おひとりさまが多くて、店内が静か目で落ち着きました。注文も券売機で食券を買うスタイルなので、なにかと気楽なお店です。

入店したときは空いていたので気になりませんでしたが、混雑時は隣の人が近くてやや気になるかもしれません。

宇和島産 鯛だし茶漬け

クルミを入れた胡麻ダレをあえた鯛の出汁茶漬け(900円)。店員さんの説明によると、まずは出汁をかけずに、鯛をおかずにごはんを食べると二度美味しいとのこと。でもやっぱり、出汁茶漬けにしたほうが断然美味しかったです。

胡麻ダレはかなり濃厚。鯛が好きでも、胡麻が苦手な人だと食べられないかも。

生湯葉と炙り明太子のだし茶漬け

生湯葉と、あぶった辛子明太子の出汁茶漬け(780円)。生湯葉は、ちょっとコクが足りないかな。でも値段を考えると相応ですね。お茶漬けの定番な感じで、安心納得の味でした。

出汁

味の要となる出汁は、お店の説明によるとかなりこだわっているようす。

昆布といりこの旨みに宗田節、鯖節、鰹節の香りとコクを加え、更に鶏のスープを合わせた極上のだし。

メニューより

これがなかなかの風味で、出汁だけ飲んでも美味しい。おかわり自由だから、食後に汁物として頂けます。

この出汁は、瓶詰めして「だし茶漬け屋の出汁」という商品名で、ナチュラルローソンなどで販売しているそうです。

アクセス

情報更新2013年9月
店名だし茶漬け えん ラゾーナ川崎プラザ店
サイトhttp://dashichazuke-en.com/
住所神奈川県川崎市幸区堀川町72-1-1 ラゾーナ川崎プラザ 1F
電話番号044-874-8135
アクセスJR 川崎駅 西口から直結
京浜急行線 川崎駅から徒歩7分
営業時間10:00~21:00
定休日ラゾーナ川崎プラザに準ずる

後記

お店のコンセプトは「和食屋の高級ファーストフード」とのこと。大戸屋みたいに、一人でサッと食べられる和食屋ですね。ハンバーガーのファーストフード店よりも、お店の雰囲気は落ち着いています。

お茶漬けに650円~900円くらい払うのに抵抗がなければ、なかなか使えるお店だと思います。価格分の美味しさはあるかと。ヘルシーな料理をさくっと食べたいときにおすすめのだし茶漬け えんでした。

タイトル:
だし茶漬け えん ラゾーナ川崎プラザ店[川崎]
カテゴリ:
和食
公開日:
2013年03月01日
更新日:
2014年04月22日

この記事をシェア

あわせて読みたい