『ミスト』ネタバレ感想: 私がこの結末を衝撃的だとは思わなかった理由

物語をどう終わらせるか。結末次第で作品の印象はがらりと変わります。ハッピーエンドにせよバッドエンドにせよ、優れた結末を用意できれば、駄作が凡作へ、凡作が佳作へ昇華されるといっても過言ではありません。

映画『ミスト』は、結末が「衝撃的」だと公開当時に話題になり、今でもその結末が語り草になっている作品です。賛否が分かれる結末のため、作品の評価もまた割れています。「トラウマ映画」だと評する人もいるけれど、果たして本当に衝撃的なのでしょうか。

あらすじ

のどかな田舎町の湖畔に暮らすドレイトン一家。激しい嵐が襲った翌日、湖の向こう岸には異様な深い霧(ミスト)が立ち込めていた。父親のデヴィッドは、霧が気掛かりになりながらも、息子とスーパーマーケットへ買い出しに出掛ける。嵐明けでにぎわう店内で買い物をしていると、瞬く間に街は深い霧に包まれてしまい……。

ミセス・カーモディはなぜ2発撃ちこまれたのか

街が霧に包まれて「さあこれから何が起こるのか」と期待が高まるも、蓋を開けれてみれば、どこかで見たようなモンスターが出てきて肩透かしを食らわされました。

スーパーマーケットに籠城している人たちが争い始める展開も、「モンスターよりも人間の方が醜くて恐ろしい」という定番のテーマで新鮮さはありません。

見どころといえば狂信的なミセス・カーモディが撃ち殺されるシーンくらいでしょうか。アメリカの映画館では、このシーンで拍手が起こることもあったそうです。たしかにスカッと溜飲が下がりました。また同時に私刑を歓迎した自分の心情にドキッとさせられたりも。

プロダクションノートによるとオリーが2発撃ちこんだのは、1発目で観客を歓迎させ、2発目で観客を我に返らせて自分の攻撃性に気が付かせる意図があるとのこと。まんまと監督の手の平の上で踊らされました。悔しいけど感心させられる演出です。

そんな一瞬の見どころ以外は平平凡凡な物語だけれども、『ミスト』の売り文句は何と言っても「驚愕のラスト15分」です。前述したように結末次第で凡作が佳作へ化ける可能性が残されています。最後まで期待を捨てずに見届けたのですが……。

驚愕のラスト15分?

『ミスト』が迎える結末は、主人公のデヴィッドとその息子ビリーが、スーパーマーケットに居合わせた他の3人と共に店を車で逃げ出すが、ガス欠になるまで走っても霧の外には出られず、生存を諦めて銃で心中するというもの。

銃弾が4発しかなかったため、最後に残ったデヴィッドは車の外に出てモンスターに殺されようとしたその時、霧は嘘のように晴れていき、軍の救助隊が現れる。生存者4人を、しかも息子を射殺してしまったデヴィッドが打ちひしがれる姿で物語は幕を閉じます。

絶望ではなく失望

この結末のアイデアはとても優れているにもかかわらず、私はすっかり白けてしまいました。なぜなら、私はまだ絶望してはいなかったから。

この結末を意義あるものとして成立させるには、観客を(擬似的にでも)絶望させる必要があります。「息子を殺して心中するのも止むを得ない」と観客も思ってこそ、霧が晴れることが救済ではなく、絶望をより深くする出来事に変貌するのです。

山のように巨大なモンスターを登場させて絶望感をあおっているものの、それがこちらに見向きもせずに素通りするので、むしろ希望を感じました。倒さなければいけないのなら絶望的ですが、ただ逃げればいい状況なのだから十分に希望は残っています。

なにせ愛する我が子を手に掛けるのです。生半可な絶望では足りません。

私は、主人公が息子を殺した時点であきれてしまいました。「諦めるにはまだ早すぎるだろ!」と。霧が晴れても「言わんこっちゃない」としか思えません。絶望ではなく、主人公へ対する失望だけが残りました。これのどこが「驚愕のラスト15分」なのでしょう。

スティーヴン・キングの原作小説とは違うこの結末は、監督のフランク・ダラボンが考案したそうです。ダラボン監督はインタビューで「観客に問いを残そうとした」と語っているけれど、主人公に自分を重ね合わせられなければ問いは生まれません。

息子を殺した主人公が馬鹿にしか見えなかった私には、なんの問いも残りませんでした。

繰り返しますが、結末のアイデア自体は冴えています。それだけにそこでダラボン監督が満足してしまって、結末に至るまでの筋道を練ることを怠った印象です。スーパーマーケットを出てからの短い時間の出来事では、心中に共感できるほどには心が動かなかったのです。

もしも、主人公が心中することに共感していたら、強烈な問いが生まれたことでしょう。そして二度と忘れられないトラウマ映画になっていました。(映画で観客にトラウマを与えるのはナンセンスだと私は考えているので、どちらにせよ評価できないけれど)

というわけで

冒頭に「結末が優れていれば物語全体の出来栄えを底上げできる」という旨のことを書きました。けれどそれは、結末に至る筋道を踏んでこその話。筋道がなければ、取って付けたような結末になってしまい、カタルシスは得られないのです。

ミセス・カーモディの呪縛、モンスターには殺されたくないという息子の願い、妻の死、人知を超えた巨大なモンスター……。結末に至る筋道がまったくなかったわけではありません。ただ私にとっては不足でした。

かような理由から『ミスト』の結末は、「衝撃的」という言葉とは程遠いものであると感じたのです。

最後に。ダラボン監督は『ミスト』について「観客それぞれの解釈は全部正しい」と述べています。本稿は、まったくもって個人的な感想であり、結末に心を動かされた人を否定する意図がないことを付け加えておきます。

【追記】我が子を守り抜いた母のまなざしが問うもの

映画の楽しみ方として私が標ぼうしているのは、不満な点があったなら、「○○だからつまらない」ではなく、「なぜ○○なのか」を考えるということ。そうすると、最初は見えていなかった物語の一面が浮かび上がってきて、作品の捉え方が変わることがあります。

『ミスト』ならば、「なぜ、不完全な絶望にしたのか」を考えます。それを製作者のミスと決めつけて思考停止するのではなく、意図されたものとして掘り下げるのです。子供を撃ち殺した主人公に失望するあまり、今回はこれを怠っていました。

にもかかわらず本稿は「素人の映画感想文」にしては閲覧数が伸びているので、これをきっかけとして、あらためてこの「クライマックスにおける不完全な絶望」を考えます。

『ミスト』について再考する上で、避けては通れないのが「エピローグに登場する母子」です。霧が晴れて茫然とする主人公の眼前を通り過ぎる車両に乗っているこの母親は、物語序盤でスーパーマーケットに居合わせた住民の一人です。

彼女は家に残してきた子供を救出しに帰りたくて、協力者を募ったものの誰も賛同せず、一人で霧の中へ立ち向かっていきました。生きては帰れない絶望的な旅路になるだろうと居合わせた誰もが思っていた彼女が無事に子供を助け出していたのです。

私が『ミスト』を観て一番腑に落ちなかったのは、彼女が主人子に向けた蔑むようなまなざしです。確かに主人公も彼女を見離しました。しかしそれは自己保身からではなく、一緒にいた我が子を危険に晒させないための選択です。責められる筋合いはありません。

理解に苦しむ演出だと思っていました。しかし、「不完全な絶望」を前提に映画を思い返してふと気がつきました。あのまなざしが責めていたのは、彼女の協力を断ったことではなく、主人公が子供を殺したことだったのではないでしょうか。

(もちろん、彼女は主人公にその後なにが起きたのかは知らないので、あくまでダラボン監督の演出意図としてです)

そう考えると、映画として一気に座りがよくなります。我が子を命がけで守ることを選択した親が、我が子を守ることを放棄した親を蔑んでいる。というシンプルで真っ当な構図です。これなら腑に落ちます。

ダラボン監督もまた、主人公の選択に否定的だということです。だとすると、絶望が不完全なのはダラボン監督の手落ちではなく、意図的だということにもなります。なぜならば、完璧な絶望は子殺しの免罪符になりかねないからです。

スーパーマーケットを抜け出して車に乗ってからは静けさがありました。霧が晴れる予兆はあったのです。希望はまだあったと、あれは愚かな選択だったと、息子の願いを諦めの言い訳にしたと、主人公は死ぬまで後悔しつづけることでしょう。

もしも絶望が完璧なものだったなら、子殺しを自分の中で正当化して、罪と折り合いをつけながら生きていけます。

子殺しを否定する以上は、絶望が不完全なのは必然だったのです。

ダラボン監督は、ミセス・カーモディを撃ち殺したオリーに共感した観客を2発目の銃弾で我に返らせた演出と同じく、主人公の子殺しに共感した観客を霧を晴れさせて我に返らせかったのでしょう。演出の反復は映画の基本的な手法であることを私は忘れていました。

本文で私は、絶望が不完全であるゆえに、結末に至る筋道が足りていないとしました。ところが結末に至る筋道が足りないからこそ、絶望が不完全であるからこそ、すべてが終わったあとに本当の絶望が訪れていたのです。

ダラボン監督が『ミスト』について「観客それぞれの解釈は全部正しい」と語ったのは、主人公視点で絶望する人も、子供を守り抜いた母親視点で主人公を蔑む人も、双方想定していたからではないしょうか。

配給会社が用意した「驚愕のラスト15分」というコピーに私は惑わされていたようです。エピローグで物語がひっくり返ったと錯誤していました。実際は最初から最後まで物語は地つづきだったのです。(了)

さて、第一印象で覚えた不満点を違う視点からみることで、肯定的に捉えなおすことができました。今までこうして自分の好みではない映画も楽しんできたのですが、『ミスト』についてはどうにも子殺しが生理的に受けつけなくて、二の足を踏んでいました。

視点を変えるだけで、不満点そのものは覆さないのは、主体性を維持するためです。「あの絶望は完全なものだった」とする解釈を否定する意図は毛頭ないことをご理解ください。

長文におつきあいいただき、ありがとうございました。みなさまの映画生活が充実したものでありますように……。

タイトル:
『ミスト』ネタバレ感想: 私がこの結末を衝撃的だとは思わなかった理由
カテゴリ:
映画
公開日:
2014年04月12日
更新日:
2018年06月08日

この記事をシェア

あわせて読みたい