神楽坂: 石畳の路地裏散歩

東京の花街として栄えた歴史のある神楽坂へ散歩に行きました。神楽坂は、どこか懐かしい情緒があふれていて、期待どおり街歩きにうってつけ。路地裏にも気になるお店がたくさんあって、ぶらぶらと散策するだけで楽しめました。

不二家

まずはメインストリートの神楽坂通り(1)へ向かうべく、JR飯田橋駅の西口から歩くこと数分。神楽坂通りに到着すると、不二家のペコちゃんがお出迎えしてくれました。季節のイチゴの扮装がかわいいペコちゃんです。

不二家の飯田橋神楽坂店といえば、この店舗限定のペコちゃん焼きが有名ですが……。

黒目がないからちょっと怖い。でも、土気色でゾンビのような顔が、ゆるキャラ全盛の今の時代にマッチしてます。

(1)神楽坂通りとは、早稲田通りの神楽坂エリアを指す通称のようです。

金谷ホテルベーカリー

しばらく通りを進むと、おばさまたちで込み合っているパン屋を発見。金谷ホテルベーカリーは、栃木にある老舗ホテルの直営店とのこと。パンを焼く香りに誘われて一つ買ってみました。

選んだのは、一番美味しそうだったジャムトルテ。ココアとシナモンのマーブルトルテにジャムをサンドしたもの。懐かしい感じの美味しさで、おばさまに人気なのも納得の味です。

赤城神社

横丁に惹かれつつも、神楽坂通りを歩いていくと赤城神社へたどり着きました。2010年に立て替えられたばかりの社(やしろ)はモダンなデザインで、一見神社ではないみたい。

赤城神社の境内には、なんとマンションが建っています。これはとても珍しいのでは?祭っている神様を見下ろすことになるけれど、問題ないのでしょうか。

そのマンションに併設されている、あかぎカフェの雰囲気が良かったので、ランチはここで食べました。

味付けは、物足りなく感じる人もいそうなくらいかなり控えめ。汗をかく夏場に食べるなら、もうちょっと塩気が欲しいかな。

神社の境内にあるだけあって、落ち着いた客層です。静かなお店が好きならおすすめのカフェでした。

ジェラテリア テオブロマ

雑貨屋をのぞきつつぶらぶらと散策を続けると、ショコラティエの土屋公二シェフがオーナーのジェラート店に偶然到着。ジェラテリア テオブロマは、前日にテレビで見て気になっていたばかりだったので、縁を感じて入店しました。

カフェスペースは満席だったので、テイクアウトして近くにあった白銀公園へ。この公園は、結構な高さのある石の山で子供たちがはしゃいでいて、活気がありました。

選んだジェラートは、イチゴミルクとピスタチオ。イチゴの酸味とナッツの香ばしさが合っていて、交互に食べるといつまでも飽きません。この組み合わせは大正解で、食わず嫌いしていたピスタチオのジェラートが好きになりました。

街歩きをするときは、お店だけではなく、猫も探します。寺内公園の竹やぶにいたこの子は、人慣れしていて撫でさせてくれました。赤いスカーフを巻いているので、飼い猫なのでしょう。不遜な表情がかわいい。

石畳

これぞ神楽坂!と感じるのは、やっぱり石畳の路地です。とくに旅館の和可菜に面した路地は、見たことあるある!ってなります。嵐の二宮和也くん主演ドラマ『拝啓、父上様』のロケ地として使われたのもこのあたりですね。

この風情が好きな人は多いはず。散歩するだけで、わくわくします。

ARBOL

路地裏をさらに歩くと、一見すると民家のようなレストランが現れました。絵に描いたような隠れ家レストランですね。ARBOL(アルボール)は、予約しないと入るのが難しいくらいの人気がある有名店らしいです。ネットでの評判も上々なので次回は食べたい!ちなみにディナーのみなので、お昼は営業していません。

周辺地図

  1. 不二家 飯田橋神楽坂店
  2. 金谷ホテルベーカリー
  3. 赤城神社
  4. ジェラテリア テオブロマ
  5. 旅館 和可菜
  6. ARBOL

後記

時間をかけてじっくり散策したけれど、有名な甘味処の花や、和カフェの笹乃家など、気になりつつも入らなかった人気店がまだまだいっぱい。これなら、お気に入りになるお店を誰もが見つけられそうです。

神楽坂は、食べ歩きと裏路地散策が楽しめる、東京で街歩きしたいならおすすめのスポットでした。

タイトル:
神楽坂: 石畳の路地裏散歩
カテゴリ:
街歩き
公開日:
2013年02月18日
更新日:
2015年02月02日

この記事をシェア

あわせて読みたい